ここからコンテンツが始まります。

業務内容

測量調査・補償コンサルタント

道路台帳〜道路情報管理システム〜

概要

道路台帳とは,各自治体における管理道路,構造物や占用物件など道路管理上必要な事項を調査し,図面及び調書にまとめたものです.また,道路台帳を基礎にした統計数値は,地方交付税の算定基礎数値として使用されます.

道路台帳メイン画面イメージ

特徴

  • 全てのデータは道路法等に基づいて作成され,道路台帳システムに路線,区間等のデータを入力し,集計処理及び各調書,総括表の作成までを一連の流れで処理することができます.
  • 道路台帳の整備作業を円滑に支援できます.
  • 一般道だけでなく,農道,林道,里道の管理も行えます.
  • 前年度からの変更内容を記載した「異動路線に係る調書」により前年度との比較が容易にできます.
区間マスター入力画面

ページトップへ戻る

機能概要

このシステムでは,以下の帳票及び図面について作成することができます.

帳票作成

  • 道路台帳
  • 実延長調書
  • 部分自歩道調書
  • 道路現況調書
  • 橋調書
  • 鉄道との交差調書
  • トンネル調書
  • 道路現況調査集計表
  • 認定路線一覧表
  • 地方交付税算定基礎資料調書
  • 舗装別集計一覧表
  • 道路現況(総括)台帳,検査票
  • 道路現況(部分自歩道)台帳,検査票
  • 道路現況(独立専用自歩道)台帳,検査票
  • 橋梁現況台帳,検査票
  • 踏切道路現況台帳,検査票
  • トンネル現況台帳,検査票
  • 異動路線に係る調書

図面作成

  • 道路台帳現況平面図
  • 道路台帳測定基図
  • 認定路線網図
  • 道路構造図

※帳票及び図面については,必要に応じた様式で作成することも可能ですので,ご相談ください.

道路台帳測定基図
道路台帳
地方交付税算定基礎資料

ページトップへ戻る

代表的な実績

弊社は,昭和60年初期から長年にわたり,各自治体に合わせた道路台帳の作成及び補正を行っています.

  • 柳川市道路台帳
  • 瀬高町道路台帳
  • 三橋町道路台帳
  • 大和町道路台帳
  • 福岡市道路台帳
  • 福岡県道路台帳
    (柳川土木・前原土木・飯塚土木等)
道路台帳図デジタル化

道路管理システム

多くの自治体において,地理情報システム(GIS)の導入が進められており,防災対策,都市計画等のためのデジタル地図データ整備の気運が高まっていることから,道路台帳のデジタル化が推進され,将来的に道路管理の高度化が望まれています.弊社では,道路台帳図面のデジタル化,道路台帳システムとの連動による道路管理システムの構築を行っております.

道路管理システムとは・・・

道路台帳データベースに道路施設(橋梁,踏切,防護柵,照明灯,歩道等)データや路面ビデオデータ等を整備し,道路や道路施設の維持管理を支援するシステムです.

その目的・・・

道路及び道路施設等,道路に関する各種の情報を整備することで維持管理のためのデータベースを提案します.また,道路パトロールや市民からの通報に対して,的確な対応を可能にすることで行政サービスの向上を目指します.

関連事業・・・

主な関連事業としては,道路台帳整備事業,道路施設台帳整備事業,道路占用物件台帳,整備事業,道路補修事業があります.さらに水道施設情報等を整備し,水道施設台帳整備事業や都市計画図,都市計画データと連動させることで,都市計画基礎調査事業,都市計画図整備事業へと関連事業の拡大が可能となります.

画面上の路線を選択すると
その路線の調書を参照できる.
画面上の路線を選択すると
その路線のビデオデータが流れる.
画面上の橋梁を選択すると
調書と断面図を参照できる.
航空写真で橋梁等の位置を確認できる.

ページトップへ戻る

電子平板

概要

従来の平板測量に代わって、トータルステーションとペンコンピュータ(ノートパソコン)を使用して行う測量技術で,視準点が三次元座標値で表示されます.また,マンホール,電柱等に属性を持たせることで,作業中に現況地物や地形との確認ができるため,高精度の現況元図を作成することが可能となります.

特徴

現地作業で,ペンコンピュータに蓄積した電子データを,プロッター等の出力装置とオンライン接続し,図面出力を簡単に行うことができます.また,図面の接合やトレース等の工程を大幅に省力化することが可能で,成果物の標準フォーマット化に伴い,図面の合成や尺度変更が高精度かつ簡単にできます.
観測時に三次元座標でデータを取得することによって,より高精度の三次元地形図を作成することができます.設計業務のCADデータとして利用できるため,ペーパーレスな業務連携が可能となり,トータル的なコスト縮減が図れます.

代表的な実績

行橋インター関連路線測量業務

  • 福岡市道路台帳
  • 三橋町道路台帳
  • 瀬高町道路台帳

博多バイパス(香椎〜松崎)測量業務

  • 柳川市道路台帳
  • 大和町道路台帳

※当社では,測量業務の全てを電子平板で行っております.

電子平板測量道具一式
電子平板での作業風景

ページトップへ戻る

従来の平板測量

従来の平板測量では,平板上のアリダードにより現況物を視準して,巻尺により距離を測定し,ペンによりプロットしていたため,観測者の熟練度,癖,巻尺のたわみ等により誤差を生じやすい方法でした.それに比べて電子平板は,正確でかつ作業が早いという利点があります.また,データがデジタルで取得できるという特徴もあります.

従来の平板測量機器について

従来の平板測量機器について
平板 平板(図板,測板)は,ひのき・ほうのき・合板などでつくられ,その表面はなめらかに仕上げられている.大きさはふつう40cm×50cmのものを使用します.
三脚 三脚は,平板の裏の小穴に,三脚頭部にある取り付け用ねじの頭をいれ,締め付けを締めてとりつけます.三脚頭部には,平板を水平にする整準ねじと平板を移動させる移心装置があり,三脚頭部が半球面になったものには整準ねじがありません.
アリダード 平板上で目標を視準して,その方向線を図上に引く器具です.視準板のついた普通アリダードと,見通し距離の長いときに用いられる望遠鏡付きアリダードとがあります.
求心器・下げ振り 平板上の点と地上の測点とを,同一鉛直線に一致させるために,平板を水平にし,求心器を使って,図上の点を下げ振りの先端で地上の測点とを一致させます.
磁針箱 磁針を細長い箱に入れたものです.平板上での図上の南北を表します.
測量針 図上の測点にたて目標を視準する場合に,アリダードの定規縁をあてて用います.針の径が細いほど誤差は少ないので,絹針を使うか専用の針を用意します.
巻尺 器械点から目標点までの距離を測るために,取り扱いや持ち運びに便利なガラス繊維製の巻尺を使用します.長い距離には測量ロープが適しています.
ポール 直径約3cmの棒で,20cmごとに赤白に塗り分けられたものです.測点の目印,距離の概略値の測定などに使われます.
従来の平板測量道具及び風景

ページトップへ戻る

ここまでがコンテンツです。

ページトップへ戻る